ここから本文です

鎮魂と復興願う鼓動 会津の太鼓団体 11日、原町・萱浜

福島民報 9月10日(土)10時14分配信

 福島県会津の太鼓団体有志は11日午前11時から、津波被災地の福島県南相馬市原町区萱浜で「9・11」米中枢同時テロ犠牲者の鎮魂と東日本大震災からの復興を願い演奏する。 
 米中枢同時テロから15年、震災から5年6カ月を迎える日に、記憶の風化を防ごうと福島市のフリーアナウンサー大和田新さんが企画した。 
 有志は「あいたいこねっとわぁく」の28人。被災した南相馬市原町区萱浜の上野敬幸さんから震災時の話を聞き、上野さん方で鎮魂の願いを込めた曲「火の鳥」などを披露する。 
 大和田さんは「テロや震災犠牲者のため、忘れないでいることが支援になる。思いは太平洋を越えて届くはず」と話している。 

福島民報社

最終更新:9月10日(土)10時38分

福島民報