ここから本文です

佐々木蔵之介、男優陣からの熱烈アピールに前向き!?

Movie Walker 9/10(土) 14:18配信

大ヒット時代劇の続編『超高速!参勤交代 リターンズ』の初日舞台挨拶が、9月10日に丸の内ピカデリーで開催。佐々木蔵之介、深田恭子らキャストと本木克英監督が舞台挨拶に登壇した。佐々木は「まさかの続編でした。誰もが次があるとは思っていなかったけど、多くの方に応援していただき初日を迎えることができました」と感謝した。

【写真を見る】可憐すぎる!深田恭子の全身ショット

舞台挨拶に登壇したキャストは、佐々木や深田の他、伊原剛志、寺脇康文、知念侑李(Hey! Say! JUMP)、柄本時生、陣内孝則、西村雅彦の8名と猿の菊千代。いわき湯本温泉連合青年勇志会によるじゃんがら踊りも披露された。本日の初日が参勤交代のゴールということで、佐々木は用意されたサッカーゴールに、“超高速”のシュートを放った。

クロストークでは、パート3がもしも制作されるのなら、どの役で出演したいか?という質問が。佐々木は、知念に向けられた黄色い歓声をうらやみ「こんなんやったら知念くん」と言いながら「いや、無理難題を言う方ということで、(将軍の)信祝(のぶとき)さんがすごくいいんじゃないかと。でも、深田さんと夫婦の役なので、一周回ってまた殿の役がいいです」と笑顔で語った。

深田は「藩のみなさんがいわき弁で盛り上がっていたのがうらやましてく。次、お咲役だとしても、急にみなさんからいわき弁がうつっていたらなと。もし、あったら一緒に参加してみたい」とのこと。

伊原が「お咲になって佐々木蔵之介に愛してもらって」と言うと、佐々木はたじろぎ「僕より大きいですし。いっぺんはトライしてみます」と苦笑い。西村も便乗してお咲だと答え「佐々木さんに熱い抱擁をしてもらって、愛を語らいたい。見守ってもらいたい」とラブコールすると、佐々木は「いっぺんはやってみます」と繰り返し、笑いを誘った。

『超高速!参勤交代 リターンズ』では、幕府から突如、参勤交代を命じられた弱小貧乏藩の面々が、知恵と工夫で無理難題に挑んでいく。続編では参勤を終えた後、江戸から湯長谷藩へ戻ろうとする藩主の内藤政醇らが、再びトラブルに見舞われる。【取材・文/山崎伸子】

最終更新:9/10(土) 14:18

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]