ここから本文です

ソフトB・松坂3回無失点も途中降板 右足アクシデントか

東スポWeb 9/10(土) 17:37配信

 ソフトバンク・松坂大輔投手(35)が10日のウエスタン・オリックス戦(筑後)に先発登板したが3回で降板。アクシデントによる途中降板と見られる。

 松坂は3回を投げ無安打だったが、7四死球と大荒れ。2回から右足を気にするようなそぶりを見せ始め、3回には明らかに異変が生じた。

 一度は高村二軍投手コーチが確認に行き、その後もベンチは交代のタイミングをうかがっていたが、松坂本人がジェスチャーで交代を制し、続投を志願。一死満塁からモレルを併殺打に仕留め、3回も無失点に切り抜けたが、足を引きずってベンチへ戻った。降板後は報道陣の問い掛けに無言で、クラブハウス内に一時引き上げた。

最終更新:9/10(土) 17:37

東スポWeb