ここから本文です

錦織、2年ぶりの決勝進出ならず バブリンカに敗れる

デイリースポーツ 9月10日(土)10時42分配信

 「テニス・全米オープン」(9日、ニューヨーク)

 男子シングルス準決勝で、世界ランク7位の錦織圭(日清食品)は、同3位のスタン・バブリンカ(スイス)に1-3(6-4、5-7、4-6、2-6)で敗れ、2年ぶり2度目の決勝進出はならなかった。

【写真】バブリンカの勢い止められず…決勝進出を逃した錦織

 錦織は第1セット、ほぼミスのないテニスで先取。しかし第2セット以降は疲れが見え始め、バブリンカの強打と巧打に押されて、2セット連続で奪われた。

 後のない第4セットも第5ゲームでブレークバックしながら、続く第6ゲームで再びブレークされて2-4とされる。バブリンカの勢いを止めることができず、ここから2ゲーム連続で落とし、力尽きた。錦織は2014年大会で日本選手として初の決勝進出を果たし、今大会は初優勝の期待がかかったが、届かなかった。

 バブリンカは初の決勝進出。決勝は世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)との対戦となった。

最終更新:9月10日(土)11時11分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。