ここから本文です

映画「ミュージアム」主題歌はONE OK ROCK!大友啓史「胸に突き刺さる」

コミックナタリー 9/10(土) 15:25配信

巴亮介原作による映画「ミュージアム」の主題歌が、ONE OK ROCKの新曲「Taking Off」に決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

11月12日より全国ロードショーとなる「ミュージアム」は、雨の日にマスクを被って犯行を行う“カエル男”の連続猟奇殺人を描くサイコスリラー。小栗旬演じる刑事・沢村がカエル男により、絶望的な状況に追い込まれていく姿が映し出される。

本作のメガホンを取る大友啓史監督は、過去作の映画「るろうに剣心」シリーズでも主題歌を担当したONE OK ROCKの音楽について「現代にあるもう一つのボーダー、『フィクションと現実の壁』を超えて観客の胸に突き刺さる」とコメント。「あらゆる臨界点を超えようとしているこの映画の主題歌を託せるのは、彼らしかいない」と抜群の信頼を寄せた。

大友啓史 コメント
僕はONE OK ROCKが好きだ。以前、彼らのドキュメンタリーフィルムを見たとき、不意に感情が溢れそうになる瞬間があった。若い才能が人種や言語、肌の色や国境を超え、あらゆるボーダーを超えて人々を魅了していく──その光景に胸を衝かれたのだ。
「るろうに剣心」三部作に引き続いて、今回も彼らに主題歌をお願いした。そして改めて、はたと気が付いた。ONE OK ROCKの音楽に潜む圧倒的なLIVE感・生の鼓動は、現代にあるもう一つのボーダー、「フィクションと現実の壁」を超えて観客の胸に突き刺さる。そう、あらゆる臨界点を超えようとしているこの映画の主題歌を託せるのは、彼らしかいないのだと。劇場の大音響の中でONE OK ROCKの「Taking Off」を体感しながら、ぜひ映画「ミュージアム」の世界を楽しんでいただければと思います。

(c)巴亮介/講談社 (c)2016映画「ミュージアム」製作委員会

最終更新:9/10(土) 15:25

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]