ここから本文です

イチロー、好守でピンチ救う チームは2連勝

デイリースポーツ 9/10(土) 11:30配信

 「マーリンズ4-1ドジャース」(9日、マイアミ)

 マーリンズのイチロー外野手(42)はドジャース戦の五回から途中出場し、1打数無安打1死球、1打点。6試合ぶりの無安打で打率を・297とした。

【写真】ドジャース・ケンドリックのあいさつに笑顔で談笑

 この日のイチローは相手先発が左腕のカーショーだったため、ベンチスタート。3点リードの五回2死満塁の好機に代打で登場し、カウント1-2からの4球目、153キロ直球を右腕に受けた。地元ファンが敵軍投手に対するブーイングを浴びせる中、一塁へ歩き、打点1を記録した。

 六回の守備から左翼に入り、4-0の八回は先頭で二飛。7番手左腕、リベラトレに対し、カウント1-2からの4球目、内角高めの148キロ直球を打って出たが、打球は伸びなかった

 窮地のチームを救ったのは九回の守備だ。3点リードの無死一、二塁の場面。トールズが左中間深くに弾き返した飛球に快足を飛ばし、最後はフェンス前でジャンプして捕球した。本拠地をどよめかせるファインプレーだった。

 試合はマーリンズのエース、フェルナンデスが7回3安打無失点で14勝目(8敗)。14奪三振の力投で、この日、腰痛から戦列復帰したドジャースのエース、カーショーとの投げ合いを制した。チームは8月19~21日に3連勝して以来の2連勝となった。

最終更新:9/10(土) 12:03

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]