ここから本文です

【BOX】小原、2回TKO負けで世界王者奪取に失敗

スポーツ報知 9月10日(土)10時23分配信

◆プロボクシング ▽IBF世界スーパーライト級(63・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 〇エドゥアルド・トロヤノフスキー(TKO 2回1分35秒)小原佳太●(9日、ロシア・モスクワ)

 元東洋太平洋・日本スーパーライト級王者で、IBF世界同級3位の小原佳太(29)=三迫=が、世界王座奪取に失敗した。ロシア・モスクワで9日(日本時間10日)、同級王者エドゥアルド・トロヤノフスキー(36)=ロシア=に挑んだが2回1分35秒TKO負けを喫した。世界初挑戦だったが、悲願のベルト奪取はかなわなかった。

 初回はジャブの差し合いとなったが、徐々にトロヤノフスキーがペースアップ。小原も右で王者の体勢を崩すなど見せ場を作った。だが続く2回、小原は攻め込まれてロープ際に追い込まれると、右アッパーをまともに浴びてリング下へ転落した。何とかリングへ戻った小原だったが、追撃するトロヤノフスキーの連打を浴びてレフェリーストップとなった。小原の戦績は16勝(15KO)2敗1分け、トロヤノフスキーは25勝(22KO)となった。

最終更新:9月10日(土)10時52分

スポーツ報知