ここから本文です

日本ハム・大谷 今季2度目の1試合2本塁打

東スポWeb 9月10日(土)19時32分配信

 日本ハム・大谷翔平投手(22)が10日の楽天戦(コボスタ宮城)で8月6日ソフトバンク戦(ヤフオク)以来、今季2度目の1試合2本塁打を記録した。

「3番・DH」でスタメン出場した大谷。1本目は3回無死二塁の第2打席だった。カウント1―1からの3球目、楽天先発・安楽の真ん中に甘く入ってきた132キロの変化球をジャストミートすると、打球はグングン伸び、右中間スタンド上段に突き刺さる推定140メートル弾。代打で区切りの20号を放った8月27日西武戦(西武プリンス)以来、9試合ぶりとなる21号2ランで、チームに3点目をもたらした。

 大谷は「打ったのはスライダーだと思いますけど、引っかかりましたね。近藤さんの先制が大きかったです。楽な気持ちで打席に入れました」と久々の一発を振り返った。

 さらに大谷は、5―4と楽天に追い上げられて迎えた6回二死一塁の第4打席で、2番手・金刃の内角低め139キロのストレートをコンパクトに振り、技ありの22号バックスクリーン弾。2点を追加し、楽天を突き放した。

 大谷は「インコース低めのシュートですね。反応で打ちました。(腕を)畳んでうまく打てたと思います」と技ありの2ランを解説した。

最終更新:9月10日(土)19時32分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]