ここから本文です

【全米テニス】錦織、バブリンカに逆転負けで2年ぶり決勝進出ならず

スポーツ報知 9月10日(土)10時46分配信

◆テニス 全米オープン ▽男子シングルス準決勝 錦織圭1―3スタン・バブリンカ(9日、米ニューヨーク・ナショナル・テニスセンター)

 テニスの4大大会、全米オープンは9日、米ニューヨークのナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス準決勝で世界ランク7位の第6シード、錦織圭(26)=日清食品=は同3位で第3シードのスタン・バブリンカ(31)=スイス=に6―4、5―7、4―6、2―6で敗れ、2年ぶりの決勝進出はならなかった。

 錦織は30度を超える暑さの中、第1セット、ミスの少ないプレーで主導権を握り、第5ゲームでブレイクに成功。同セットを先取した。だが、第2セット以降は尻上がりに調子を上げた相手のバックハンドや強打に苦闘。サーブアンドボレーに活路を見出し、一度はブレイクを奪って追いつく場面もあったが、要所で相手にブレイクされ、3時間7分の末、逆転負けとなった。

 錦織は次週、デビス杯ワールドグループプレーオフのウクライナ戦(16~18日、大阪・靱テニスセンター)出場のため、近日中に帰国する。

 バブリンカは決勝で世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(29)=セルビア=と対戦する。

最終更新:9月10日(土)11時0分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]