ここから本文です

「太郎は水になりたかった」2巻記念、大橋裕之が東京と大阪でサイン会

コミックナタリー 9月10日(土)17時53分配信

大橋裕之「太郎は水になりたかった」の2巻が発売された。これに合わせ大阪・MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店で9月11日に、東京・文禄堂高円寺店で9月17日に大橋がサイン会を行う。

【この記事の関連画像をもっと見る】

サイン会はどちらの会場も整理券などは不要。文禄堂高円寺店では写真家のいくしゅんを招いてのトークショーも催される。

「太郎は水になりたかった」は、父子家庭で育つシャイな中2男子の太郎を主人公にした青春もの。親友のヤスシとともに冴えない学生生活を送る、思春期真っ只中の太郎の日常を描いていく。2巻の帯には清野とおるが推薦コメントを寄せた。

大橋裕之サイン会
MARUZEN&ジュンク堂書店梅田店
日時:2016年9月11日(日)15:00~17:00

文禄堂高円寺店
日時:2016年9月17日(土)14:00~(トークショー)、16:00~(サイン会)
トークショー出演者:大橋裕之、いくしゅん

最終更新:9月10日(土)17時53分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。