ここから本文です

川口春奈が嫌いだったものは? 主演映画が海外公開&映画祭続々決定

デイリースポーツ 9月10日(土)13時12分配信

 女優・川口春奈(21)が10日、都内で主演映画「にがくてあまい」の初日舞台あいさつに登場した。同名のベジタリアンフード・コミックを実写映画化した「食と愛」がテーマの作品。すでに香港で10月中旬の公開が決定。ほかにも韓国、台湾での公開準備が進められ、ハワイ、シンガポールの映画祭で上映が決定するなど、世界への広がりをみせている。川口は「うれしい。いろいろな国でたくさんの方々に見てもらえるのは素直にありがたい」と喜んでいた。

 また、舞台あいさつでは、登壇者が映画タイトルにちなみ「嫌いだったけど○○のおかげで好きになった」をテーマにトークを展開。川口は「一度生ガキにあたって以後、食べられなかったけど、ある日、おいしい天ぷらやさんでカキの天ぷらを食べてから、また食べられるようになった」と明かしたいた。

最終更新:9月10日(土)18時31分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。