ここから本文です

常盤貴子、池松壮亮が「だれかの木琴」初日に孤独との向き合い方語る

映画ナタリー 9月10日(土)18時42分配信

「だれかの木琴」の初日舞台挨拶が本日9月10日に東京・有楽町スバル座で行われ、キャストの常盤貴子、池松壮亮、監督の東陽一が登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「だれかの木琴」は、井上荒野の同名小説を原作とするサスペンス。若い美容師・海斗から営業メールをもらったことをきっかけに、ごく普通の主婦・小夜子が常軌を逸したストーカーと化していくさまを描く。

イベント冒頭で常盤は、朝から劇場に駆け付けた観客たちに対し感謝の言葉を述べる。続けて本作のテーマについて「現代社会に潜んでいる孤独ですね」とコメント。池松は「(人とのつながりが)すごく遮断されやすい世の中ですから。小夜子をストーカーと呼ぶ人もいるかもしれないけど、わりと真っ当なんじゃないかと思います」と印象を語った。

常盤と池松に対しては、ほとんど演技指導をする必要がなかったという東。「2人の表現力はただごとじゃない。生き物としての生命力がみなぎってました」と撮影当時を振り返る。続けて「ただ観察していただけなので、非常に楽な演出でしたよ」と話すと、3人そろって笑顔を浮かべた。

実生活における孤独との向き合い方について、常盤は「私は孤独が好きなので、その状況を楽しんじゃいます。部屋の明かりを暗くして『怖っ!』となるのが好きです」と一風変わったエピソードを披露。池松は「孤独を埋めるツールばかりが広まって、これでいいのかなって。僕はにぎやかな孤独を持っていたいですね」と話す。MCから「にぎやかな孤独とは?」と聞かれると、池松は「ちょっとそれは難しいですね(笑)」とはぐらかし、会場の笑いを誘った。

また池松は「僕は東さんの作品がすごく好きで。1つ夢が叶っちゃったんですけど、どうしよう」と述懐。続けて「東さんの次回作をまた観たいです」と話を振ると、東は「やりたいものはいつも3つぐらい抱えてます」と明かし、「でもこの場で申し上げるわけにはいかないですよ」と言葉を濁した。

最後に常盤は「不倫の境界線ってどこなんだろうと考えるときがあって。人の頭の中に入り込むことはできないし、その中で何が起こっているかは誰にもわからない。そういったことを想像できる映画になっているので、1度のみならず2度、3度とご覧になっていただければと思います」と観客に呼びかけ、イベントの幕を引いた。

最終更新:9月10日(土)18時42分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。