ここから本文です

履正社が24点大勝 安田が2安打2打点の活躍

デイリースポーツ 9月10日(土)13時41分配信

 「秋季高校野球大阪大会・1回戦 履正社24-0柴島」(10日・萩谷総合運動公園野球場)

 履正社が五回コールド、24得点で柴島を圧倒し来春センバツへ向けて好スタートを切った。来年のドラフト上位候補・安田尚憲内野手(2年)は、新チームから3番に座り2安打2打点2四球と貢献した。

 今夏の甲子園では4番に座ったが、岡田監督は「3番がいないので。3番ができたら、安田を4番にして、若林を5番にと考えている」とチーム事情を説明。初回の第1打席は右中間フェンスギリギリまで飛ばしたが、下がっていた中堅手のグラブに収まった。

 それでも第2打席で痛烈な右前適時打を放ち、第4打席は右翼線へ適時二塁打。打球の強さは同世代の選手と比較しても、群を抜いている。「甲子園が終わって調子を崩したので、これから上げていけるように。夏で甲子園がイメージできたので、もう一度、あのグラウンドに戻りたい」と安田は力を込めた。

最終更新:9月10日(土)13時46分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報