ここから本文です

【阪神新馬戦】アイルハヴアナザー産駒シグルーン、1番人気に応えV!Mデムーロは年間100勝達成

スポーツ報知 9月10日(土)12時59分配信

 10日の阪神5R・2歳新馬戦(芝1600メートル=10頭立て)は単勝1・8倍と圧倒的1番人気だったシグルーン(牝2歳、栗東・宮厩舎、父アイルハヴアナザー)が好位から早めの抜け出しで押し切り、デビューVを飾った。勝ち時計は1分38秒5。

 道中は好位から追走。直線入り口で早々と先頭に立つと、ラスト300メートルあたりまでは持ったままだったが、追ってからの伸びもしっかり。最後は2番人気だったカデナが猛追してきたものの、首差しのいでの初勝利だった。

 同馬はエリザベス女王杯6着などがあるワルキューレの初子。今週の坂路で52秒7―12秒2を楽々とマークするなど調教のよさが目立っていた。「追い切りがよかったし、すごくまじめ。一生懸命に走っていたし、坂も問題なかった」とこれがJRA年間100勝目になったMデムーロは笑顔を浮かべていた。

最終更新:9月10日(土)13時55分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]