ここから本文です

【中山新馬戦】カリビアンゴールド、半馬身差で競り合い制す

スポーツ報知 9月10日(土)13時10分配信

 10日の中山5R・2歳新馬戦(芝1600メートル、13頭立て)は、4番人気のカリビアンゴールド(牝2歳、美浦・小島太厩舎、父ステイゴールド)がゴール前の競り合いを制して、半馬身差で初陣を飾った。勝ち時計は1分36秒2。

 好スタートを切ってハナをうかがう勢いだったが、道中は我慢が利いて好位を追走した。直線で外に持ち出すと鋭い伸びを見せて牡馬をけ散らした。田中勝は「上手に競馬が出来た。うまく流れに乗れた。気性も素直で距離も融通が利きそう」と手応えを感じていた。

最終更新:9月10日(土)13時16分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ