ここから本文です

広島カープカラーの紅白やぐらでAKB48が“最後の夏祭り”

スポーツ報知 9月10日(土)15時32分配信

 人気アイドルグループ・AKB48の横山由依(23)らメンバー32人が10日、大阪・住之江区のインテックス大阪で、全国握手会イベント「AKB48祭り powered by ネ申テレビ」を開催した。「ハロウィン・ナイト」「唇にBe My Baby」の初回限定盤購入者を対象にしたもので、関西地区では約1年3か月ぶりの全国握手会実施となった。

 会場にはコイン落としや輪投げの縁日コーナーも設置され、さながら“最後の夏祭り”。紅白のやぐらとちょうちんで飾られたステージに横山は「25年ぶりの優勝が迫っているということで、広島カープっぽい色。きょうはお祭りだと思って楽しみます」とジョークを交えて笑顔。「和装が大好きだし、AKBらしいサプライズを」と、メンバーそれぞれ色鮮やかな浴衣姿で登場。「大阪の方々には長くお待たせしましたし、みんなが浴衣なのは、なかなかない事なので」と、時間限定で即席撮影会を行い、笑顔を振りまいた。

 新曲「LOVE TRIP」など全10曲を披露。高校野球中継タイアップやUSJ常駐ライブなど、大忙しだった“アツい夏”を締めくくった。横山は「USJライブでは当日券売り場でお手伝いさせていただいたり、現状の課題がある中で一歩踏み出せた。少し大きくなったのでは」と総監督としてグループの成長に手応えを感じていた。

 全国握手会は24、25日に京セラドーム大阪でも開催する。横山は「ここにいらっしゃる方は強制的に来ていただく、ということで。顔も覚えましたよ!」とファンにPRした。

最終更新:9月10日(土)15時32分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。