ここから本文です

【バスケ】青森、ターンオーバー20でミスミス競り負け…東北カップ未勝利終戦

スポーツ報知 9月10日(土)16時17分配信

◆東北カップ▽交流戦 青森ワッツ 76―80 岩手ビッグブルズ(10日、福島・あいづ総合体育館)

 9日の1回戦で敗退したチームによる交流戦で、男子プロバスケットボールBリーグ2部(B2)東地区の青森ワッツが、同じB2の岩手ビッグブルズに競り負け、1勝もできずに東北カップを終えた。

 岩手にインサイドの守備を固められ、1回戦のB1・仙台89ERS戦で両軍最多32得点と活躍したPF/Cカイル・バローン(26)が、この日は9得点。ターンオーバー(マイボールを失うこと)が20とミスも目立ち、佐藤信長ヘッドコーチ(HC=46)は、「ターンオーバー20ではゲームにならない」と険しい表情だった。

 24日のリーグ開幕戦はホームで茨城ロボッツと戦う。指揮官は現時点のチームの完成度を「私の中では30%くらい」としながらも、開幕に向けて「集中した時の爆発力はすごい。あと2週間。ワクワク感がある。早く始まってほしい。開幕ダッシュできたら」と話した。

最終更新:9月10日(土)16時17分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]