ここから本文です

M1の広島、無安打で1点返す 巨人・坂本が失策 田中が好走塁

デイリースポーツ 9/10(土) 18:57配信

 「巨人-広島」(10日、東京ドーム)

 勝つか引き分けで25年ぶり7度目の優勝が決まる広島は、0-2の三回、相手の失策で1点を返した。

 巨人先発。マイコラスに一、二回は無安打に抑えられていた打線は、三回に先頭の黒田が粘りを見せた。空振り三振に倒れたものの、ファウルで粘って11球を投げさせた。続く田中が四球を選んで出塁。ここで菊池の放った打球は遊撃へのゴロだったが、巨人・坂本がはじいて、ボールは外野へ転がった。一塁から田中が一気にホームインした。

 後続は倒れ、チーム初安打はまだ出ていないが、無安打で1点をもぎ取った。

最終更新:9/10(土) 19:03

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています