ここから本文です

【BOX】長谷川穂積「最後とかは考えずに、]勝つ気は満々!

スポーツ報知 9月10日(土)17時53分配信

◆報知新聞社後援 プロボクシング「ワールドプレミアムボクシング」▽WBC世界バンタム級(53・5キロ以下)タイトルマッチ12回戦 山中慎介―アンセルモ・モレノ ▽WBC世界スーパーバンタム級(55・3キロ以下)タイトルマッチ12回戦 ウーゴ・ルイス―長谷川穂積(16日、エディオンアリーナ大阪)

 元世界2階級制覇の長谷川穂積(35)=真正=が10日、ウーゴ・ルイス(29)=メキシコ=との約2年5か月ぶりの世界戦に向けて、神戸市の真正ジムで練習を公開した。

 勝っても負けても次の試合が最後になる可能性を示唆している長谷川は「負ければ引退か?」と問われると「そうですね」と即答した。「最後とかは考えずに、いいコンディションをつくることだけを考えている。十分、戦う心は整っている。勝つ気は満々なんで、それを証明できたら」と静かに闘志を燃やした。

最終更新:9月10日(土)17時53分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。