ここから本文です

広島・黒田は6回3失点 M1の先発マウンドで期待に応える力投

デイリースポーツ 9月10日(土)20時37分配信

 「巨人-広島」(10日、東京ドーム)

 広島の先発・黒田博樹投手は6回を6安打3失点で勝利投手の権利を持ってマウンドを降りた。

【写真】味方への死球に黒田激怒!マウンドに詰め寄る

 勝つか引き分けで25年ぶり7度目の優勝が決まる一戦での先発マウンド。初回、巨人・坂本に2ランを浴びたが、すぐに立て直した。

 五回に内野ゴロの間に1点を失ったが、六回は1死一、二塁のピンチを空振り三振と中飛で乗り切った。投球数は86球。常時140キロ台後半をマークする力投で、スタンドを赤く染めたファンの応援に応え続けた。

最終更新:9月10日(土)20時41分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報