ここから本文です

【石川】1年生2人で3本塁打!日本航空石川が7回コールド勝ち発進

スポーツ報知 9月10日(土)19時14分配信

 秋季高校野球石川県大会が10日、開幕。1回戦8試合が行われ、石川県立野球場では、今夏県準優勝の日本航空石川が、七尾東雲を15―3の7回コールドで下した。

 1年生でともに先発した、4番・上田優弥左翼手が3ランを含む2安打4打点、5番・小板慎之助一塁手がソロ場外弾と満塁弾の2発を含む3安打5打点と活躍。上田は、「下級生でも中軸を任されているので、学年に関係なく、与えられた仕事をこなしていきたいです」。小板も「うれしいです。(出場していない)2年生の分も活躍できるようにやっていきたいと思っています」と話した。

 同球場では、左腕・今村優太投手(2年)が完投した金沢が、金沢泉丘に8―1で勝利。飯田も、6回に6点を奪うなど、打線がつながり、金沢北陵に12―3で7回コールド勝ちした。

最終更新:9月10日(土)19時14分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報