ここから本文です

履正社、秋季大会初戦5回コールド発進

スポーツ報知 9月10日(土)19時25分配信

 今夏の甲子園大会ベスト16の履正社が10日、新チーム最初の公式戦となる大阪府の秋季大会1回戦に登場し、24―0の5回コールドと柴島を圧倒した。

 甲子園では4番を務めた来年のドラフト候補・安田尚憲三塁手(2年)は、「今のチームに3番を打てる選手が出てきていない」(岡田龍生監督)というチーム事情もあって3番で先発。2回1死二塁で右前適時打を放つなど、3打数2安打2打点で初戦突破に貢献した。

 今秋のドラフト1位候補左腕・寺島成輝(3年)らを擁して臨んだ全国の大舞台で、安田は3試合で12打数4安打1打点と奮闘。しかし、8強をかけた常総学院(茨城)戦では4打数ノーヒットに終わった。現在、高校通算39発のスラッガーは「先輩たちが抜けてだいぶレベルが落ちていると思う。もう一度あの舞台に立つには、もっと努力しないといけない。自分が引っ張っていきたい」と夏春連続出場へ意気込んだ。

最終更新:9月10日(土)19時25分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報