ここから本文です

【ヤクルト】山田またまた打った3本目!38号!

スポーツ報知 9月10日(土)21時1分配信

◆ヤクルト―阪神(10日・神宮)

 ヤクルト・山田哲人内野手(24)が、7回にこの日3本目の38号ソロ。昨年8月22日の中日戦(神宮)以来、自身2度目の1試合3本塁打をマークした。

 3点リードの7回1死。阪神・岩田の外角147キロ直球を右翼席へ運んだ。「ボールに逆らうことなく打ち返した結果、最高の結果になりました」と胸を張った。

 今季は、8月10日に左第八肋骨骨挫傷でプロ入り初の故障による登録抹消を経験。10試合に欠場したが、初めて本塁打王を獲得した昨季の38本塁打に自身122試合目で早くも到達した。

 この日の山田は、初回に左中間席中段へ能見から36号逆転3ラン。3回にも能見から左中間席へ今季2度目の2打席連発となる37号ソロを放っていた。

最終更新:9月20日(火)20時22分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。