ここから本文です

広島・緒方監督インタビュー全文 「選手は本当に頼もしい限り」

デイリースポーツ 9月10日(土)22時34分配信

 「巨人4-6広島」(10日、東京ドーム)

 優勝へのマジックを1としていた広島が巨人に逆転勝ちし、25年ぶり7度目のリーグ優勝を果たした。胴上げで7度、宙に舞った緒方孝市監督(47)は試合後、グラウンドでの優勝監督インタビューで喜びをにじませた。以下はインタビューの全文。

【写真】黒田と新井が…号泣抱擁

  ◇    ◇

 -おめでとうございます。

 「ありがとうございます」

 -7回、宙に舞いました。今、どんな気持ちですか。

 「最高に気持ち良かったです。ありがとうございました」

 -今日も逆転で決めましたね。

 「そうですね。本当に今シーズン戦ってきた戦いが、今日もできました。本当に選手は頑張ってくれました」

 -黒田投手は打席で11球、粘りました。どんな思いでご覧になっていましたか。

 「黒田は今シーズン、体が万全でない中、しっかり開幕からローテーションを守ってくれて、今日もマウンドでそして打席で、闘志あふれるプレーで選手を引っ張ってくれました」

 -そして鈴木誠選手の2打席連続ホームラン。今シーズンの成長、どう思われますか。

 「神ってますね、やっぱり」

 -ベテランと若手が素晴らしい仕事をした。

 「選手は1試合1試合、力をつけて、本当に頼もしい限りです」

 -監督自身も、去年は悔しい思いをした。今シーズンの戦いはあらためていかがですか。

 「いえ、自分だけじゃないです。選手も本当に悔しい思いから、そこから今シーズン、戦いを、厳しい練習を乗り越えてやってきてくれた」

 -今も選手が聞いています。あらためてどんな言葉をかけますか。

 「本当に頑張ってくれた。ありがとう」

 -カープファン、広島の街は25年待ちました。ファンに一言。

 「広島の皆さん、そして全国のカープファンの皆さん、本当に長い間、お待たせ致しました。おめでとうございまーす!」

 -今度は32年ぶりの日本一に向けての戦いです。

 「しっかり残りシーズンを戦って、クライマックス(シリーズ)を勝ち上がって、日本一をつかみ取りましょう!」

最終更新:9月10日(土)23時1分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。