ここから本文です

虎党もカープ優勝祝福 神宮で惨敗見届け…

デイリースポーツ 9/11(日) 0:00配信

 優勝へのマジックを1としていた広島が10日、東京ドームで行われた巨人戦に6-4で勝ち、25年ぶり7度目のリーグ優勝を果たした。神宮球場で阪神の惨敗(1-9)を見届けた直後、最寄駅近くの飲食店では、大勢の阪神ファンが店内のテレビで広島の優勝を見届けた。

【写真】“カープ芸人”徳井、宇治原ら 優勝ナマで見届け歓喜

 家族で神宮帰りの男性会社員(48)は「複雑ですけど、おめでとうと言いたい」と祝福。新井良太のユニフォームを着た東京都町田市の男子中学生(14)は「25年ぶりというのは、こっちまでうれしくなります。お兄ちゃん(新井貴浩)は戻って良かったと思いますね。金本監督には、1年目だけど采配をどうにかしてほしい」と、明暗が分かれた元師弟コンビに思いを向けた。

 広島のユニフォームを着ていた広島市出身の男性会社員(37)は周囲から握手を求められたといい、「東京ドームのチケットが取れなかったので神宮に来てました。スタンドから送ったパワーが届いたと思います!」と喜色満面。

 阪神ファンが大合唱する応援歌「それ行けカープ」も響いたが「サビしか分からん…」の声も漏れていた。

最終更新:9/11(日) 1:07

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]