ここから本文です

広島25年ぶり祝勝会はフライングでビールかけ 小窪選手会長「まだです!」

デイリースポーツ 9月11日(日)0時7分配信

 「巨人4-6広島」(10日、東京ドーム)

 優勝へのマジックを1としていた広島が巨人に逆転勝ちし、25年ぶり7度目のリーグ優勝を果たした。都内で行われた祝勝会のビールかけでは3000本のビールが用意された。

【写真】今宵は無礼講!黒田&新井に樽酒ぶっかけた

 ナインはそれぞれ、背中に「まさかじゃない!」とプリントされた優勝Tシャツを着用。ビール瓶を手に入場した。。中には水鉄砲を用意するつわものもいた。

 小窪哲也選手会長(31)が壇上で「皆さん、お疲れさまでした。ついにこの瞬間がやって参りました。選手をはじめスタッフ、球団関係者の皆さん、みんなで勝ち取った優勝です」とあいさつを開始した途端、誰からともなくフライングでビールかけが始まった。

 小窪はさらに「カープファンの皆さん、25年間お待たせしました。今日はみんなでビールを浴びて楽しんでいきましょう」と続けたが、すでにビールをかけられ、びしょぬれに。「…まだです!」と必死の制止であいさつを続けた。

 最後は何とか「僕が『まさかじゃない!』って言いますので、皆さんは『見たか!』でお願いします!せーの!まさかじゃない!!」と音頭を取ると、ナインや関係者が「見たか!」と返し、大騒ぎが始まった。

 最後は黒田博樹投手(41)が「みなさんのおかげで最高の経験をさせてもらいました。ありがとうございました。200勝の時も言わせてもらいましたが、最高のチームメートと、裏方さんも含め最高のチームでやらせてもらっている。あと2回これをやって、日本一になって、松山のお家でビールかけをしましょう。友達3人まで連れてきてOK」とあいさつを行い、一本締めで締めくくった。

最終更新:9月11日(日)0時16分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]