ここから本文です

【陸上】北風、道内ラストラン100m・200mで2位…コーチ就任へ

スポーツ報知 9月11日(日)6時6分配信

 今季で一線を退く北風沙織(31)=北海道ハイテクAC=が道内ラストランで100メートル、200メートルに出場し、いずれも2位。中村宏之監督(71)は来季、北風のコーチ就任を明言した。

 この日最後の100メートル決勝を11秒94で走り終え、花束を受けた北風は「ここまで長く競技を続けられたのは、皆さんの応援があったから」と感謝の思いを口にした。

 小学4年(10歳)から陸上経験者の父・利明さん(62)の指導を受け、恵庭北高からは中村監督に師事。2007年大阪世界陸上で代表となり、400メートルリレーの日本記録(43秒39)樹立にも貢献。故障で左足に3度メスを入れたが、五輪代表の夢を追い続けた。

 中村監督は「小さな体(身長151センチ)で、ここまで頑張った経験をコーチとして後輩に伝えてほしい」と希望。10月の国体(岩手)リレーが最後となる北風は「5年ぶりの優勝を決め、新たな競技人生に弾みをつけたい」と笑顔を見せた。(小林 聖孝)

最終更新:9月11日(日)6時6分

スポーツ報知