ここから本文です

にわみきほ、岡田彩花、松井りなが交通安全イメージソング初披露

オリコン 9月10日(土)16時34分配信

 タレントのにわみきほ(26)、岡田彩花(22)、松井りな(22)が10日、都庁で行われた平成28年『新宿交通安全キャンペーン』に出席。3人で交通安全イメージソングを初披露した。

【写真】交通安全イメージソングを歌唱

 3人は芸能プロダクション、スペースクラフトに所属し、岡田と松井はミスコン女子大生軍団「キャンパスクイーン」のメンバー。この日が「人前で歌って踊るのは初めて」と緊張していたが、2人を引っ張ったにわと共に「明日も・安全・愛コンタクト」などを元気に歌った。

 自身が春の新宿警察署一日署長を務めた縁から、今回イメージソングも歌うことになったにわは「制服をよく着ているので、愛着がわいてきました。光栄でいい1日」とにっこり。岡田は「いろんな人に伝えられるよう、一生懸命頑張りました」と充実感をにじませ、松井も「3人で練習してきた集大成を見せられた」と満足げだった。

 イベントにはリオデジャネイロ五輪の卓球女子団体で銅メダルを獲得した福原愛選手(27)が1日警察署長として参加しており、にわは「メダルを触らせてもらいました。歌の感想も『かわいかったです』と言ってもらえて自信になりました」と喜んでいた。

最終更新:9月12日(月)10時24分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。