ここから本文です

【NBA】ペリカンズ、L.スティーブンソンと1年契約で合意

ISM 9月10日(土)17時10分配信

 現地9日、ニューオーリンズ・ペリカンズが、今夏にメンフィス・グリズリーズからフリーエージェント(FA)となっているフォワード兼ガードのランス・スティーブンソンと1年契約で合意したことが分かった。

 米スポーツ専門ケーブル局『ESPN』のウェブサイトが報じたもの。同サイトによると、スティーブンソンのエージェンシーが同日、ツイッターで契約合意を認めたもよう。その一方で、契約の詳細は明かしなかった。

 ペリカンズでは、元オールスターポイントガードのドリュー・ホリデーが、脳腫瘍を患っている元女子サッカー選手で妻のローレンさんを看病するため、2016-17シーズンの序盤を欠場することになっている。そのためチームは、ベテランガードを探していたという。

 今月5日に26歳を迎えたスティーブンソンは、インディアナ・ペイサーズに所属していた2013-14シーズンに1試合平均13.8得点、7.2リバウンド、4.6アシストとブレイクし、チームのイースタンカンファレンス決勝進出に貢献。2014年夏にシャーロット・ホーネッツと総額2,700万ドル(約27億8,000万円)の3年契約を結んだ。

 ところがホーネッツにフィットせず、わずか1シーズンでロサンゼルス・クリッパーズにトレードされた。さらにクリッパーズでもローテーションに定着できず、昨年2月のトレードでグリズリーズに移籍。しかしグリズリーズ移籍後は、ペイサーズ時代の輝きを取り戻し、1試合平均14.2得点、4.4リバウンド、2.8アシストをマークした。

最終更新:9月10日(土)17時10分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]