ここから本文です

【速レポ】<中津川フェス>10-FEET、「四角を作ってもらっていい?」

BARKS 9/11(日) 10:32配信

ライヴ開始前、見渡す限りに高く掲げられた、数え切れないほどの10-FEETのタオル。どこかに偏ることも寄りかかることもなく、老若男女に愛され続けるバンド、それが10-FEETだろう。

◆10-FEET 画像

SEが鳴り、KOUICHI(Dr./Cho.)はちょっと小走りに、NAOKI(Ba./Vo.)がシュッとした立ち姿で、TAKUMA(Vo./G.)は足元を確かめるようにゆっくりとステージに登場し、「VIBES BY VIBES」で華麗なスタートを決めたかと思いきや、TAKUMAがいきなり「ありがとうございましたー! 10-FEETでした。また、会いましょう!」となぜかライヴを締めくくる。当然、客席からコールが起こるわけだが、舌の根も乾かぬうちに「アンコール始めます!」と「風」を披露。愛嬌たっぷりな、らしさ溢れるニヤッとする展開だ。

だが、その「風」が実に見事だった。TAKUMAも声は本調子ではないようだが、それを補って余りある歌心。彼らの人柄がにじみ出た歌詞も相まって、どこまでも心にしみ渡る。たまらない心地よさだ。

そこから「ライオン」と「1sec.」を続けて放ち、またもやライヴを締めくくるろうとしながら語り始めたTAKUMA。「ダイブしてくるのが、胸に"FUCK KEN"って書いてあったり、Dragon Ashだったり。バンドマンにとって自分らのTシャツじゃないTシャツがダイブしてくるほど嬉しいことはない!」と叫んでから「おい、10-FEET Tシャツ! この後、頼んだぞ!」と想いをそのままぶつけたメッセージを送り、まさにバンドとオーディエンスのガチンコ勝負が始まった「hammer ska」も凄まじい光景だった。十分すぎるほど盛り上がっていた会場だが、まだ高みがあるのかと驚くほど、どんどん上り詰めていく。

もちろん、先に記したように、彼らならではのユーモアも忘れない。この「hammer ska」では、「1sec.」の際に客席中央で大きなサークルモッシュが起こるのをTAKUMAが目にしたこともあって、「丸を作るのが上手いのはわかったから、次、四角を作ってもらっていい?」と投げかける。誰しもが童心に返れるような遊び場が瞬時に生まれていくのだ。

また、印象的だったのが「その向こうへ」で見せつけたバンド力。決して、そこに派手なパフォーマンスはない。KOUICHIはしっかりとビートを叩き出し、NAOKIは色気のあるベースラインを奏でながらリズムを支え、TAKUMAはどこまでも純度の高い想いをただただ届けようする。その3人が合わさったとき、大きな生命力に満ちたパワーが生まれていく。

フェスという場であり、初めて観た人、深くは知らないという人もいただろう。だが、そのすべての人を受け止め、沸点を上昇させ続ける様。10-FEETだからこそ描き出せた、実に鮮やかな光景だった。

取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎平野大輔

【10-FEET@REVOLUTION STAGEセットリスト】
01. VIBES BY VIBES
02. 風
03. ライオン
04. 1sec.
05. hammer ska
06. STONE COLD BREAK
07. その向こうへ
08. アンテナラスト
09. RIVER
10. goes on


■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2016>
Day1:2016年 9月10日(土)
Day2:2016年 9月11日(日)
会場:岐阜県中津川市 中津川公園内 特設ステージ
岐阜県中津川市茄子川1683-797
※雨天決行(荒天の場合は中止)

▼9月10日(土)出演者
シアターブルック、AFTER SCHOOL HANGOUT (林立夫&沼澤尚 with 鈴木茂, 森俊之, 沖山優司 featuring Leyona and 高橋幸宏)、チャットモンチー、DJダイノジ、怒髪天、H ZETTRIO、麗蘭、ましまろ、MONGOL800、NAMBA69、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、RIZE、SA、Spinna B-ILL、10-FEET、Dragon Ash、SCOOBIE DO、THE BLACK COMET CLUB BAND、cro-magnon、加藤登紀子、シシド・カフカ、中川敬 (ソウル・フラワー・ユニオン) 、オレスカバンド、NO GENERATION GAPS(うじきつよし・佐々木亮介)、Dachambo、DJ NOBU A.K.A. BOMBRUSH! with IO, DONY JOINT & YOUNG JUJU (KANDYTOWN / BCDMG)

▼キャンパーズParty“Village Of illusion”
LIVE:フォークソング部 (NAOKI[SA]+上原子友康 [怒髪天])、藤井一彦 (THE GROOVERS)、 Rei
DJ:SEIYA、DJ PAIPAI & SWEET RAVE、DJ 吉沢dynamite.jp
Midnight illusion:瀧澤賢太郎、DJ EMMA、KEN ISHI

▼9月11日(日)出演者
ACIDMAN、a flood of circle、赤い公園、THE COLLECTORS、ダイノジ(Talk&Live)、the HIATUS、インディーズ電力 大取締役会、Nothing’s Carved In Stone、THE King ALL STARS(加山雄三、佐藤タイジ、古市コータロー、名越由貴夫、ウエノコウジ、武藤昭平、山本健太)、八代亜紀、さかいゆう feat. 福原美穂 × 中津川 JAM (柴山哲郎、沼澤尚、中條卓、森俊之) 、the LOW-ATUS、ROVO、浜崎貴司 GACHI SOLAR SPECIAL(浜崎貴司、仲井戸“CHABO”麗市、佐藤竹善(Sing Like Talking)、PES(RIP SLYME)、山田将司(THE BACK HORN))、MANNISH BOYS、LIVE FOR NIPPON ~Pray For 熊本~ (高田漣.・東田トモヒロ・山口洋)、 片平里菜、真心ブラザーズ、ストレイテナー、チャラン・ポ・ランタン、BimBamBoom、Young Juvenile Youth、OZROSAURUS、ROTH BART BARON、TheSunPaulo、Yasei Collective、iCas(インディーズ電力 大取締役会)、LIFE IS GROOVE(KenKen、山岸竜之介、SATOKO、タブゾンビ)

最終更新:9/11(日) 10:32

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]