ここから本文です

【速レポ】<中津川フェス>Dragon Ash、「みんなと同じように、オレたちも心待ちにしてます」

BARKS 9月11日(日)10時36分配信

「革命前夜、楽しんで帰ってください」というKj(Vo./G.)の言葉から「Viva la revolution」を放ち、会場全体を手中におさめたのがDragon Ashだ。これまで多くの大舞台を経験してきたからなのか、自ずから醸し出される風格。適度な重厚感のあるグルーヴにオーディエンスも自然とステージへと吸い寄せられていく。

◆Dragon Ash 画像

そのムードでライヴを展開すると思いきや、続く「AMBITIOUS」では一気呵成に攻め立て、切れ味鋭いATSUSHI(Dance)とDRI-V(Dance)のダンスも冴え渡り、一気にパーティー会場のような華やかに彩られる。その流れのまま、軽やかな高揚感と腹の底まで響くリズムを持ち合わせた「La Bamba」でさらにヒートアップさせていく。まさしく妙妙たるパフォーマンスだ。

ライヴ中盤では、Kjが「いつも呼んでくれて感謝してます。みんなと同じように、オレたちも心待ちにしてます」と<中津川THE SOLAR BUDOKAN>への謝辞を述べ、ロックのダイナミズムとグッドメロディーが融合した「光の街」と、余計な思考は取り除き一心不乱にサウンドへ没頭できる「Headbang」という新曲を続けて披露。バンドとして歩みを止めない姿勢をしっかり提示する。

そして、「光るモノ、何かあるだろ?」とのKjの呼びかけに応え、客席を埋め尽くしたオーディエンスが一斉にスマホを掲げて煌びやかな光景が広がる中、響き渡らせたのは「静かな日々の階段を」だった。ゆったりとしたリズム、柔和な語り口の歌が広がっていき、心がジワッと温かくなっていく。

また、まさにこれぞ狂騒の宴が繰り広げられたのは「Fantasista」。驚異的な爆発力と求心力を持つ曲だけあって、会場の一体感が凄まじく、この場にいるすべての人と一緒にDragon Ashのサウンドを共有してる時間がたしかにそこにあった。

ラストは「ソーラーの力とか有効性とか、ちょっとでも理解して、昨日よりも楽しい気分で帰れたら最高だなと思いました」とKjが語ってからの「Curtain Call」。激しいリズムと包容力のあるメロディーという、相反するモノがカチッとハマったときの力を見せつけられ、Dragon Ashの凄み、懐の深さを思い知った全10曲。それは多くのオーディエンスもそうだったようで、トリではないにもかかわらず、アンコールが巻き起こるほど。そんな声を受け、客席に向かって「ありがとうございました!」とマイクを通さず生声で想いを伝えたKjの姿もとても美しかった。

取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎柴田恵理

【Dragon Ash@REVOLUTION STAGEセットリスト】
01. Viva la revolution
02. AMBITIOUS
03. La Bamba
04. The Live
05. 光りの街
06. Headbang
07. 静かな日々の階段を
08. 百合の咲く場所で
09. Fantasista
10. Curtain Call


■<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2016>
Day1:2016年 9月10日(土)
Day2:2016年 9月11日(日)
会場:岐阜県中津川市 中津川公園内 特設ステージ
岐阜県中津川市茄子川1683-797
※雨天決行(荒天の場合は中止)

▼9月10日(土)出演者
シアターブルック、AFTER SCHOOL HANGOUT (林立夫&沼澤尚 with 鈴木茂, 森俊之, 沖山優司 featuring Leyona and 高橋幸宏)、チャットモンチー、DJダイノジ、怒髪天、H ZETTRIO、麗蘭、ましまろ、MONGOL800、NAMBA69、OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND、RIZE、SA、Spinna B-ILL、10-FEET、Dragon Ash、SCOOBIE DO、THE BLACK COMET CLUB BAND、cro-magnon、加藤登紀子、シシド・カフカ、中川敬 (ソウル・フラワー・ユニオン) 、オレスカバンド、NO GENERATION GAPS(うじきつよし・佐々木亮介)、Dachambo、DJ NOBU A.K.A. BOMBRUSH! with IO, DONY JOINT & YOUNG JUJU (KANDYTOWN / BCDMG)

▼キャンパーズParty“Village Of illusion”
LIVE:フォークソング部 (NAOKI[SA]+上原子友康 [怒髪天])、藤井一彦 (THE GROOVERS)、 Rei
DJ:SEIYA、DJ PAIPAI & SWEET RAVE、DJ 吉沢dynamite.jp
Midnight illusion:瀧澤賢太郎、DJ EMMA、KEN ISHI

▼9月11日(日)出演者
ACIDMAN、a flood of circle、赤い公園、THE COLLECTORS、ダイノジ(Talk&Live)、the HIATUS、インディーズ電力 大取締役会、Nothing’s Carved In Stone、THE King ALL STARS(加山雄三、佐藤タイジ、古市コータロー、名越由貴夫、ウエノコウジ、武藤昭平、山本健太)、八代亜紀、さかいゆう feat. 福原美穂 × 中津川 JAM (柴山哲郎、沼澤尚、中條卓、森俊之) 、the LOW-ATUS、ROVO、浜崎貴司 GACHI SOLAR SPECIAL(浜崎貴司、仲井戸“CHABO”麗市、佐藤竹善(Sing Like Talking)、PES(RIP SLYME)、山田将司(THE BACK HORN))、MANNISH BOYS、LIVE FOR NIPPON ~Pray For 熊本~ (高田漣.・東田トモヒロ・山口洋)、 片平里菜、真心ブラザーズ、ストレイテナー、チャラン・ポ・ランタン、BimBamBoom、Young Juvenile Youth、OZROSAURUS、ROTH BART BARON、TheSunPaulo、Yasei Collective、iCas(インディーズ電力 大取締役会)、LIFE IS GROOVE(KenKen、山岸竜之介、SATOKO、タブゾンビ)

最終更新:9月11日(日)10時36分

BARKS