ここから本文です

マカオの人口10万人あたり自殺率「8.5」…15年=直近10年間で最低

マカオ新聞 9/10(土) 10:49配信

 今日(9月10日)は2003年にWHO(世界保健機関)が制定した世界自殺予防デーにあたる。マカオ政府衛生局は世界自殺予防デーを前日に控えた9月9日、マカオにおける昨年(2015年)の自殺関連統計を公表した。

 昨年のマカオの自殺事案は62件あり、このうち53人(男性35人、女性18人)がマカオ居民(マカオ居留件保有者)だったとのこと。人口10万人あたりの総自殺率は9.6人、マカオ居民に限ると8.2人。マカオ居民の自殺率は4年連続で低下しており、衛生局が2005年に自殺観測システムを立ち上げて以降の最低水準だった。

 WTOのレポートによれば、昨年の全世界における自殺者数は80万人を超え、人口10万人あたりの自殺死亡率は11.4人だったという。

最終更新:9/10(土) 10:49

マカオ新聞