ここから本文です

マカオの人口10万人あたり自殺率「8.5」…15年=直近10年間で最低

マカオ新聞 9月10日(土)10時49分配信

 今日(9月10日)は2003年にWHO(世界保健機関)が制定した世界自殺予防デーにあたる。マカオ政府衛生局は世界自殺予防デーを前日に控えた9月9日、マカオにおける昨年(2015年)の自殺関連統計を公表した。

 昨年のマカオの自殺事案は62件あり、このうち53人(男性35人、女性18人)がマカオ居民(マカオ居留件保有者)だったとのこと。人口10万人あたりの総自殺率は9.6人、マカオ居民に限ると8.2人。マカオ居民の自殺率は4年連続で低下しており、衛生局が2005年に自殺観測システムを立ち上げて以降の最低水準だった。

 WTOのレポートによれば、昨年の全世界における自殺者数は80万人を超え、人口10万人あたりの自殺死亡率は11.4人だったという。

最終更新:9月10日(土)10時49分

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。