ここから本文です

打ち合い&我慢比べを経て。勝ったNTTコムと敗れたNEC、ともに課題語る

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 9月10日(土)12時11分配信

<ジャパンラグビートップリーグ 2016-17 第3節>
NTTコム 33-15 NEC
(2016年9月9日/東京・秩父宮ラグビー場)

日本代表入り熱望! サントリー新加入のカーペンター、今季初先発へ。


 ひらすら打ち合った前半、両軍通じて最初のトライを奪ったのはNECだった。

 敵陣の深い位置で攻撃権を得ると、ランナーは低い前傾姿勢で球を確保。日本代表のSH茂野海人は「チーム全体の観ている画が一緒だった」と、首尾よく左右へ球を散らす。

 ピーター・ラッセル ヘッドコーチ(HC)を迎え低迷脱却を図るクラブにあって「強引に(周りに)攻めのコールをさせるようなオプションにしました」とは、こちらもジャパンのSO田村優。最後はこの司令塔が、ロングパスを放った味方の援護につき、トライする。前半5分だった。

 もっとも、ここで3-5とされたNTTコムも、攻め出したら止まらない。ロブ・ペニーHC体制下3季目で上位進出を伺う攻撃組織は、3-8とリードを広げられるや、一気に、火を噴いた。

 まずは16分。扇状の陣形を広げながら、密集近辺の走者がどんどん球を持ち出す。NECの足が後退するや、一転、大きな展開に舵を切る。敵陣22メートルエリア左中間をFB小川優輔が蹴破ると、左脇をPR上田竜太郎が、さらにその右脇をSH友井川拓ゲーム主将が並走。FL栗原大介が止めを刺した。鋭い仕掛けでも魅せたSO小倉順平もゴールを決め、10-8と勝ち越す。

 肝となったのは、続く24分から27分までの攻防か。

 グラウンド中盤右でNECの落球を拾ったNTTコムは、左へ展開。「我慢をしていればNECさんのディフェンスは、空く」と見込んでいたSH友井川が、接点付近の空洞を一気にえぐる。敵陣22メートルエリアでは左から右へパスが渡り、最後は、この夜ラインブレイク連発のCTBブラッキン・カラウリアヘンリーが飛ぶ。32分のSO小倉のペナルティゴールなどで、20-8とした。

 NECは37分、SO田村の接点際への好援護を交えた連続攻撃でWTB松浦康一のトライを奪取。ハーフタイムへ。しかしSH茂野は、ミスから失点した肝の場面を踏まえ、こんな課題を覚えることとなる。

「ウチは、ターンオーバー後のリアクションが遅いかな…」

 20-15のスコアで迎えた後半は、リードするNTTコムの攻めと守るNECの我慢比べとなる。NECはFL細田佳也いわく「最初はテンポよくやられていたけど、皆で話して修正した」と、2人がかりでのタックルの激しさを底上げした。

 もっとも、最後に寄り切ったのはNTTコムだった。

 26-15として迎えた32分、敵陣ゴール前左。NO8アマナキ・レレィ・マフィ、FB羽野一志が、ボールをはたきながら左へつなげるパスを繰り出す。NEC守備網の飛び出しをいなした。最後はWTB小泉将がだめを押し、FB羽野は笑った。

「ディフェンスは、見えてました」

 ノーサイド。敗れたSO田村は「60分以降は歯が立たなかった。(相手と)力の差はある」と、自軍の様子を潔く語る。かたや勝ったペニーHCも、好機を逸したように感じたためか「少し残念に思う場面もあった」と満足はしない。打ち合いと我慢比べが続いた80分に、両軍とも手厳しいレビューを下していた。

(文:向 風見也)

最終更新:9月10日(土)12時11分

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]