ここから本文です

【ブラジル】銀行員ストライキ 7300店以上が業務停止

サンパウロ新聞 9月10日(土)7時10分配信

 ブラジル全土で銀行員らが無期限ストに突入してから3日目の8日付伯メディアによると、同日朝の時点では少なくとも首都ブラジリアと25の州で、ストによる銀行の店舗閉鎖が確認されている。

 全国金融機関労働者連合(Contraf)は、ストによって業務を停止している店舗や顧客サービスセンターなどは初日(6日)の時点で7359カ所に上っているとしている。一方、全国銀行連盟(Fenaban)は、6日時点で閉鎖されている店舗数を発表していない。ブラジル中央銀行(BCB)の2016年7月のデータによると、ブラジル全国には銀行の店舗が2万2676店ある。

 銀行員らは、組合側が求めた賃上げ幅を下回る銀行側の回答(6・5%)を不服として6日朝、無期限ストに突入した。全国金融機関労働者連合によると、9日午前11時から、労使間の新たな話し合いがサンパウロで行われる。

サンパウロ新聞

最終更新:9月10日(土)7時10分

サンパウロ新聞