ここから本文です

【誰かに教えたくなる話】「台風を大砲で破壊する」とは!? 100年前の人々が想像した未来予想図

TOKYO FM+ 9/10(土) 12:00配信

あんなこといいな、できたらいいな……。いつの時代も、人々は未来に想像を巡らせ、夢を描きます。
100年後、一体どんな世の中が待っているのか?
では逆に、100年前の人々はどんな未来を想像していたのでしょうか? 今、私たちが生きている現実との答え合わせをしてみたいと思います。

江戸時代が終わりしばらくたった明治34年。ある新聞の中に一つの記事が掲載されました。
その記事とは「100年後の未来」。
21世紀にはこんな世界になっているはず……という23個の未来予想が書かれているのです。

「無線電話で海外の友人と話ができる」
「いながらにして遠距離のカラー写真が手に入る」
「機械で温度を調節した空気を送り出す」
「電気の力で野菜が成長する」
「写真電話ができ、写真電話で買い物ができる」
「葉巻型の列車が東京・神戸間を二時間半で走る」

……いかがでしょうか、この的中率!
まだまだ着物で生活する人が多かった時代に、この予測はすごいですよね。
「写真電話で買い物が出来る」
……パソコンの出現を見事に予測。
新幹線が「葉巻型の列車」というのも、なんだか可愛い表現ですが、当たっています。

残念ながら、外れているものもあります。
「野獣が絶滅する」
「蚊やノミが滅亡する」
「動物と会話でき、犬が人間のお使いをする」
「台風を一ヶ月以上前に予測して大砲で破壊できる」
……台風を大砲で破壊!
なかなか大胆な予測です。これは、今後実現出来たら嬉しいですね。

また、予測の中には「男女ともに大学を出るようになる」というものも。
これが動物と会話できることと同じくらい、先の世界のことだったというところに当時の世相を感じます。

夢が、本当になっていく私たちの世界。
さて、これからどんなミライが待っているのでしょうか?


(TOKYO FMの番組「シンクロのシティ」コーナー「トウキョウハナコマチ」。江戸から現代まで、東京の土地の歴史にまつわる数々のエピソードをご紹介しています。今回の読み物は、「100年前の人々が想像した未来予想図」として、2015年4月20日に放送した内容を再構成したものです)

文/岡本清香

最終更新:9/10(土) 12:00

TOKYO FM+