ここから本文です

子宮体ガンで余命1年もボードゲーム世界王者に 矢澤亜希子さんに聞く前向きに生きる秘訣

AbemaTIMES 9/10(土) 15:09配信

「バックギャモン」というボードゲームをご存じだろうか。

日本ではあまり有名ではないが、世界で最も遊戯人口の多いボードゲームのひとつであり、その人数はなんと3億人にものぼると言われている。

「西洋のスゴロク」と言われるように、さいころを振って、自分が持つ15の駒を目的地に到達させることがこのゲームの勝利方法である。相手の進行を妨ぎつつ自分の駒を進めるところが、シンプルに見えてとても戦略的なゲームになっている。

そしてこのバックギャモンの世界チャンピオンに、日本人の女性で初めて優勝者があらわれた。

しかしその女性が優勝までに辿った道のりは、まったく楽なものではない。

その女性の名は矢澤亜希子さん。彼女は大学在籍中にこのバックギャモンというボードゲームに出会い、2年後に本格的に始める。

その後、2004年、女性で初めて日本タイトルを獲得。2012年にはモナコ公国の世界選手権のスーパージャックポットという種目で優勝する。

だが、優勝した矢先、彼女は子宮体ガンを医師から宣告されてしまう。

突きつけられた余命1年。明日が来ないかもしれない、命の期限。
しかし彼女は、そこで諦めるのではなく、前を向き自分の夢を追い続けた。

そして2013年の世界選手権、抗がん剤治療をしながらも出場。「余命1年だからこそ後悔したくない」という思いで見事連覇を果たした。

それだけでは終わらず、2014年には一番優勝が難しいと言われる種目で勝利して、日本人女性初の世界チャンピオンに輝く快挙を達成する。


そして現在35歳、世界ランキング3位という堂々たる数字を持っている。

そんな彼女にバックギャモンの何に惹きつけられたのか、と聞くと

「バックギャモンは人生に似ている。さいころの目は自分でどうにもできないが、どんな目になってもそれを自分の力でどうにかしていく、といったところがすごく魅力的」と語った。

最終更新:9/10(土) 15:09

AbemaTIMES

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。