ここから本文です

森下悠里“デッドプール風”ボンテージ姿で会場魅了【動画付き】

オリコン 9月10日(土)17時0分配信

(C)ORICON NewS inc.

 タレントの森下悠里(31)が10日、都内で行われた映画『デッドプール』デジタル配信記念イベントに出席。赤と黒が基調で胸元を強調した”デッドプール”風のボンデージ衣装で会場を魅了した。

 同作は、米コミックが原作。毒舌と下ネタを吐きながら、自らの復讐と彼女との復縁のために闘う無責任ヒーロー・デッドプールが主人公。

 映画にハマっているという森下は「1日に多い時は5本ぐらい観ている。年間で600本ぐらい」といい、「彼女のためだけに闘って、下ネタをいいながらアクションをする今までにないヒーローの彼にハマりました」と太鼓判。

 同作の主人公が驚異的な回復能力を持つことから、森下は「30(代)になってきて、うつ伏せで寝ると枕の跡が顔に付いちゃう。シミになりやすかったりして、蚊に刺されると、肌が白いので赤くなっちゃうから、跡が早くなくなって欲しい」と特殊能力を羨ましがっていた。

(C)ORICON NewS inc.

最終更新:9月11日(日)17時50分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。