ここから本文です

今季25号の楽天ウィーラー「30本を目指したい」

Full-Count 9月10日(土)7時10分配信

日本ハム戦で一発

 9日の日本ハム戦で楽天・ウィーラーが25号ソロを放った。

 1-5とリードを許して迎えた8回。この日、4打席目に立ったウィーラーが日本ハムの2番手・谷元の142キロの直球を捉えた。打球はグングン伸び、左中間スタンド中段に突き刺さった。8月31日以来のホームランに「相手がいいピッチャーだということはわかっていたので、準備を怠らなかった」とウィーラー。今月1日以降ノーヒットが続いていたが、待望の1本に「何とかいい形でと思っていた。最高の形になってくれた」と喜んだ。

 不調の要因を「モチベーションは高くあったが、タイミングが悪かった」と挙げ、「この一発をきっかけに調子を上げていきたい」と気合を入れ直したウィーラー。これで今季25号。「30本を目指してやっていきたい」と今後を見据えた。

高橋昌江●文 text by Masae Takahashi

最終更新:9月10日(土)7時10分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]