ここから本文です

全米OPジュニア 綿貫陽介がストレート勝ちでベスト4進出<男子テニス>

tennis365.net 9/10(土) 5:49配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は9日、ジュニアの男子シングルス準々決勝が行われ、第7シードの綿貫陽介(フリー)がK. Sultonov(ウズベキスタン)を6-4, 6-1のストレートで下し、ベスト4進出を果たした。

日本期待の綿貫陽介とは

この試合、第1セット序盤でミスを重ねてリードを許した綿貫だったが、挽回してセットカウント1-0とする。

第2セットに入ると主導権を握り、4度のブレークチャンスから3度のブレークに成功し、4強入りを決めた。

準決勝では、第5シードのM・Kecmanovic(セルビア)と対戦する。

綿貫は今大会のダブルスに第1シードで出場するも、初戦で敗退していた。

また、同日に行われたジュニアの男子ダブルス準決勝に清水悠太(滋賀県/ パブリックテニスイングランド)/ 堀江亨(岐阜県/ 関スポーツ塾・T)が登場するも、逆転負けで惜しくも決勝進出とはならなかった。

tennis365.net

最終更新:9/11(日) 4:02

tennis365.net