ここから本文です

ホントは奥深い。「ストリートファイター」シリーズ、ダルシムの文化的背景

ギズモード・ジャパン 9月10日(土)19時10分配信

ヨガを極めて得た超能力。

一般的にヨガというのは平和的なイメージなのに、首から頭蓋骨をブラ下げたりして、ちょっとダークな雰囲気も醸し出している「ストリートファイター」シリーズのダルシム。

口から火を噴き手脚が伸び、あまつさえ瞬間移動までしてしまうダルシムは、インドの中でもどういう文化的背景に基いているのでしょうか? The Game Theoristsの動画で一緒に考察してみましょう。

動画はこちら:https://youtu.be/zqZQesGmpIk

なるほど、思った以上にヨガやヒンドゥーの事実と密接に関係したキャラなんですね。では動画の内容を見直してみるとしましょう。

口から噴く炎

ヨガファイヤーおよびヨガフレイムは、ヒンドゥー教の火の神アグニの力。現在でも神聖な儀式や祭事で使うヤグナの炎なのです。自ら編み出した呼吸法により、10分間炎に包まれても平然としているヨガの達人ランバウ・スワミという人物もいることから、こうした技はそんなに不自然ではないのです。

凄まじい柔軟性

手脚が伸びるのもまた、ハサヨガを極めれば、心と身体を自在に操ることをができます。普通の人々は柔軟性を身につけようとして行ないますが、その究極系がダルシムの身体なのですね。

テレポーテーション

そのヨガも地球と一体化すれば体重が軽くなるそうです。インドの文法学者パタンジャリが記したヨガの聖典「ヨーガスートラ」には、シディという神通力について書かれており、そこには精神を鍛えて解き放てば空中浮遊やテレパシー、それに世界中どこにでも意識を飛ばせるという記述が見られるそうな。

エクストリームな宗派に所属

首にかけられた頭蓋骨はどうでしょう? まさかダルシムは食人鬼なのでしょうか? インドには、死体を崇拝するヒンドゥー教の異端アゴーリ派という人々がいます。彼らはシヴァ神に近付き超能力と不老不死を得るべく遺灰を身体に塗り、頭蓋骨をコップにし、ガンジス川に放たれた死体や腐った食物や人糞を口にするのです。

「ストリートファイターV」のダルシムはよりアゴーリ派の容姿に近くなり、「ストII」でもシヴァ神のような、もしくは遺灰を塗ったかのような青いダルシムが見ることができました。ダルシムの真の目的は万物と宇宙との調和。破壊と想像の神であるシヴァは万物と宇宙を調和させる神でもあることから、ダルシムは限りなくアゴーリ派の可能性が高いようです。

ダルシムのアクションは、ヨガの極致を誇張し格ゲー向きにした結果、こうした超人技が繰り出せるキャラになったのでしょうね。しかし、これほどまでヨガの深い部分をベースにしていたとは、インド人もビックリです。

source: YouTube

(岡本玄介)

最終更新:9月10日(土)19時10分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。