ここから本文です

混合複はシグムンド/パビッチがグランドスラム初優勝 [全米テニス]

THE TENNIS DAILY 9月10日(土)3時48分配信

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月29日~9月11日/ハードコート)のミックスダブルス決勝で、ノーシードから勝ち上がってきたラウラ・シグムンド(ドイツ)/マテ・パビッチ(クロアチア)が第7シードのココ・バンダウェイ/ラジーブ・ラム(ともにアメリカ)を6-4 6-4で破り、ともにグランドスラムでの初優勝を果たした。試合時間は1時間13分。

シグムンドが初のWTAタイトルを獲得 [エリクソン・オープン]

 4人の中でグランドスラムの決勝を経験していたのは、オリア・テカウ(ルーマニア)と組んで1月の全豪オープンのミックスダブルスで準優勝を果たしたバンダウェイのみ。バンダウェイ/ラムとシグムンド/パビッチはともに一度もシードペアと対戦することなく決勝まで勝ち上がり、シグムンドとパビッチは全試合ストレート勝利で大会を制した。

 シグムンドは第26シードで出場したシングルスでは3回戦まで勝ち上がり、第6シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)に1-6 2-6で敗退。今季は4月にシュツットガルト(WTAプレミア/クレーコート)で準優勝、7月にはバスタッド(WTAインターナショナル/クレーコート)で初のWTAツアー制覇を果たすなどして躍進したシグムンドは、今大会で初めてシード選手としてグランドスラムをプレーしていた。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:NEW YORK, NY - SEPTEMBER 09: Laura Siegemund of Germany and Mate Pavic of Croatia celebrate defeating Coco Vandeweghe and Rajeev Ram of the United States during their Mixed Doubles Final Match on Day Twelve of the 2016 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 9, 2016 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Alex Goodlett/Getty Images)

最終更新:9月10日(土)3時48分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。