ここから本文です

「モウリーニョは父親のようだ」イブラを抑えて8月月間MVPに選出されたDFが指揮官を慕う

theWORLD(ザ・ワールド) 9月10日(土)17時30分配信

最高の師弟関係

今夏の移籍市場でビジャレアルからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したコートジボワール代表DFエリック・バイリー。8月に行われた4試合のうち3試合でマン・オブ・ザ・マッチに輝き、ズラタン・イブラヒモビッチを抑えて月間MVPにも選出された。

そんなバイリーがクラブの公式チャンネル『MUTV』のインタビューに応じ、指揮官のジョゼ・モウリーニョについて次のように述べた。

「モウリーニョは僕らを息子のように扱ってくれるし、彼は父親のようだよ。一緒に働くことができて本当にうれしい。彼には多くの経験があるし、学ぶことは多いね。僕にとってここはサッカー人生最大のチャンスかも知れない。モウリーニョのもとでプレイできる僕は幸運だよ」

モウリーニョを父のように慕うバイリー。はたして、彼は守備の要として指揮官を栄光へと導くことができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月10日(土)17時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。