ここから本文です

【女子野球W杯】マドンナジャパン船越、広島の兄と“同時優勝”も!? 「そうなったら嬉しい」

Full-Count 9/10(土) 12:21配信

攻守両面で存在感見せ勝利に貢献、相手の強烈な体当たりは「来ると分かっていたので」

 野球女子日本代表「マドンナジャパン」が、W杯5連覇に王手をかけた。9日、「第7回 WBSC 女子野球ワールドカップ」(韓国・釜山)のオーストラリア戦に10-0で5回コールド勝ち。5連覇へ向けて、10日の韓国戦を残してスーパーラウンド1位通過を決め、11日に行われる決勝への進出を決めた。この試合に8番で先発し、守備だけでなく打撃でも2安打3打点と活躍したレギュラー捕手の船越千紘(平成国際大)は、広島のドラフト4位ルーキー船越涼太捕手の妹。兄との“同時優勝”も近づいていた。

広島、黒田先発でVなるか? プロ野球10日の予定と予告先発

 W杯初出場で日本代表の扇の要を務め、将来を嘱望される船越。ここまでW杯の舞台でもキャッチングの上手さや強肩を披露してきたが、この試合ではまず打撃で見せた。初回。川端の先制2点打、相手の暴投で3点を先制し、なおも1死満塁というビッグチャンスで打席が回ってくると、三遊間をゴロで抜く2点タイムリー。「リラックスして入った結果がヒットになって。すごくいい形でした」。5回にもタイムリーを放ち、3打点の活躍だった。

 守備でも魅せた。4回無死二塁の場面では相手がディレードスチールを仕掛けたが、冷静に三塁に送ってアウト。そして、最大の見せ場となったのは5回だ。1死一塁で相手の打球が左中間を抜け、一塁走者が一気に本塁生還を狙ってきたが、日本の見事な中継プレーでボールが本塁へ返ってくる。船越はキャッチすると、体当りしてきた相手に体を飛ばされながらもボールは離さずにアウト。国際試合ならではの激しいプレーにも動じなかった。

「タックルが来ると分かっていたので、こっちも身構えてたんですけど、あれだけ大きい体の人に来られると、耐えられなかったです」と苦笑い。ただ、「日本でああいうプレーはほぼないので、ボールを落とさないということだけしか(頭に)なくて。怖いというより『ボールを離さない』というほうが強かったです」と負けん気の強さを見せた。

1/2ページ

最終更新:9/10(土) 12:21

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]