ここから本文です

錦織は準決勝で敗退、ワウリンカが初の決勝へ [全米テニス]

THE TENNIS DAILY 9/10(土) 10:49配信

「全米オープン」(アメリカ・ニューヨーク/本戦8月29日~9月11日/ハードコート)の男子シングルス準決勝で、第6シードの錦織圭(日清食品)は第3シードのスタン・ワウリンカ(スイス)に6-4 5-7 4-6 2-6で敗れ、2年ぶりの決勝進出はならなかった。試合時間は3時間7分。

【全米オープン11日目_WOWOW動画】明朝放送の準決勝「錦織対ワウリンカ」の前に、準々決勝「錦織対マレー」振り返り

 ワウリンカは2014年の全豪オープンと2015年の全仏オープンでグランドスラムを制覇。この結果で錦織との対戦成績を4勝2敗とした。2014年には準々決勝で対戦し、3-6 7-5 7-6(7) 6-7(6) 6-4で錦織の勝利。今シーズンは前哨戦のトロント(ATP1000/ハードコート)の準決勝で対戦し、錦織が7-6(6) 6-1で勝っていた。

 全米オープンには2005年から12連続出場となる31歳のワウリンカは、2013年と15年のベスト4がこれまでの最高成績。昨年は同国対決となった準決勝で、ロジャー・フェデラー(スイス)に4-6 3-6 1-6で敗れていた。

 ワウリンカはグランドスラム3度目の優勝をかけた決勝で、世界ナンバーワンのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦する。ジョコビッチは準決勝で、第10シードのガエル・モンフィス(フランス)を6-3 6-2 3-6 6-2で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

Photo:NEW YORK, NY - SEPTEMBER 09: Kei Nishikori of Japan returns a shot to Stan Wawrinka of Switzerland during their Men's Singles Semifinal Match on Day Twelve of the 2016 US Open at the USTA Billie Jean King National Tennis Center on September 9, 2016 in the Flushing neighborhood of the Queens borough of New York City. (Photo by Mike Hewitt/Getty Images)

最終更新:9/10(土) 11:15

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]