ここから本文です

全米Jr 本玉組真唯は準決勝で力尽きる<女子テニス>

tennis365.net 9月10日(土)17時26分配信

全米オープン

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は9日、ジュニアの女子ダブルス準決勝が行われ、本玉真唯(日本)(神奈川県/ S.ONEグリーン テニスクラブ)/ A・Zarytska(ウクライナ)組はK・Day(アメリカ)/ C・Dolehide(アメリカ)組に4-6, 1-6のストレートで敗れ、決勝進出とはならなかった。

【錦織、準決勝敗退も5位確定】

この試合、本玉/ Zarytska組は2度のブレークに成功するも、Day/ C・Dolehide組にトータルで6度のブレークを許し、わずか55分で敗れた。

今大会、本玉/ Zarytska組は1回戦でM・Bjorklund(スウェーデン)/ M・Paigina(ロシア)組、2回戦でH・Baptiste(アメリカ)/ A・Li(アメリカ)組にいずれもストレートで勝利し、準々決勝では第7シードのB・Andreescu(カナダ)/ K・Swan(イギリス)組の棄権により不戦勝での勝ち上がりだった。

今大会のシングルスで本玉は初戦で敗退した。

同日の男子ダブルス準決勝には、清水悠太(日本)(滋賀県/ パブリックテニスイングランド)/ 堀江亨(日本)(岐阜県/ 関スポーツ塾・T)組も登場したが、第3シードのF・Auger=Aliassime(カナダ)/ B・Sigouin(カナダ)組に6-3, 4-6, [9-11]の逆転を許し、決勝進出を逃した。

tennis365.net

最終更新:9月10日(土)17時26分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]