ここから本文です

アーセナルはバッカ獲得に真剣になるべきだったか ビリッチ「バッカはオファーを待っていた」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/10(土) 18:50配信

最終的にやってきたのはルーカス・ペレス

今夏に退団すると噂されていたミランFWカルロス・バッカには、ウェストハムが熱心にアプローチしていた。しかし、バッカはチャンピオンズリーグ出場権を持たないウェストハムには興味を示さず、最終的にはミランに残った。

バッカは、アーセナルやアトレティコ・マドリードからのオファーを待っていたのだ。伊『Milannews.it』によると、獲得にトライしたウェストハム指揮官のスラベン・ビリッチはバッカがアーセナルらからのオファーを待っていたことを明かし、ウェストハムのことを見てくれなかったと語った。

「今回の市場では、数年前までは考えられなかったような選手を獲得しようとしたんだ。我々のリストにはラカゼット、ザザ、バッカ、それにバチュアイが挙がっていた。私は彼らを引き抜くのは難しいと分かっていた。我々は昨年9月にもザザを獲得しようとしたが、ユヴェントスには売る気がなかった」

「それからはラカゼットに注目し、その次がバッカだ。だが、バッカにとって我々はファーストチョイスではなかった。バッカはアーセナルやアトレティコからのオファーを待っていたのさ。最終的にミランに残ることになったけどね。だが、我々はハッピーだ。ザザを獲得できたのだからね」

バッカは安い金額で手に入る選手ではないが、今夏にワールドクラスのストライカーを求めていたアーセナルにはピッタリの選手だった。最終的にはルーカス・ペレスを獲得したが、バッカを獲得していれば今頃は希望に満ち溢れていたかもしれない。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9/10(土) 18:50

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]