ここから本文です

レスター地元紙が岡崎の“毛髪量”をクローズアップ! 「シンジは毛の半分を失った」

theWORLD(ザ・ワールド) 9/10(土) 20:12配信

ジョークをかまされる岡崎

日本代表としてロシアW杯アジア最終予選を戦い終えた岡崎慎司が、所属するレスターの地元紙から“温かい歓迎”を受けている。

ピッチ上を縦横無尽に走り回り、あらゆるシーンに顔を出すほどの豊富な運動量を見せるこのストライカーに何かが不足しているとは思わない。しかし英『Leicester Mercury』は岡崎が代表招集中に散髪したことに着目。ユーモラスなコメントと共に日本人アタッカーのトレーニング写真を掲載した。

「シンジがようやく日本から帰ってきたが、髪の毛の半分を失っている」

英国流の“イジリ”を披露した同メディアだが、1日に日本代表が黒星を喫したUAE戦においても「シンジは新しい髪型を披露したのにも関わらず、日本代表の勝利に貢献することはできなかった」と綴っており、このサムライのヘアースタイルに余程の関心があるのだろうか。

10日には敵地アンフィールドでユルゲン・クロップ率いるリヴァプールと対戦する岡崎。新たな髪型は母国に大きな効果を発揮することなく終わってしまったが、果たしてレスターにはどのように奏功するだろうか。残された半分の髪の毛と共に、岡崎は今日も走り続けることになる。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9/10(土) 20:12

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています