ここから本文です

今季のアーセナルは“ヴェンゲル史上最強”だ! 「ここまで競争力があるのは初めてのこと」

theWORLD(ザ・ワールド) 9月10日(土)20時40分配信

スカッドの充実ぶりを語る

今夏にグラニット・ジャカやルーカス・ペレスといった面々と契約したアーセン・ヴェンゲルは、自らの指揮するチームに大変な満足感を示している。

もちろん彼らが、最も欲しかった第1希望の新戦力かどうかは定かでない。アーセナルはたびたびジェイミー・バーディやエディンソン・カバーニ、そしてカリム・ベンゼマといったワールドクラスの名手たちに興味を示していると報じられてきたからだ。だが長年にわたって同クラブを指揮し、安定した結果を残し続けているフランス人監督は週末のサウサンプトン戦に向けて次のように語った。英『Telegraph』が伝えている。

「現在のチームにはこれまでで最も成熟したスカッドがスタンバイしていると言えるね。彼らはもう若手ではなく、ひとりの男だ。19や20歳の選手じゃない。24~28歳だ。彼らはすでに成熟したよ。ここまで競争力の高いメンツが揃っているのは、長い在任中でも初めてのことだ。我々は最高のサッカーを見せられること、そしてどんなチーム相手にも打ち勝つことができるというのを証明しなきゃいけないね」

マーケット期間中には大型補強の必要性を叫ばれていたヴェンゲルだったが、彼自身は現在の成熟したチームがどんな強豪にも勝てるはずだと見込んでいる。彼らがホンモノのチームかどうかは、じきに再開するプレミアリーグと開幕の近づくチャンピオンズリーグで明らかとなるだろう。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:9月10日(土)20時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]