ここから本文です

日ハム近藤健介が打席で大暴れ! 今季初の3打点で打線を勢いづける

Full-Count 9月10日(土)15時41分配信

3回に先制二塁打を放つと、4回には左翼フェンス直撃2点二塁打

 日本ハムの近藤健介捕手が10日の楽天戦(コボスタ宮城)で大暴れだ。

「2番・右翼」でスタメン出場。3回無死二塁で安楽から右中間適時二塁打を放つと、1点差に迫られた4回2死一、二塁では、安楽の140キロ直球を強振。左翼フェンス直撃の2点二塁打とした。1試合3打点は今季初だ。

 昨季はリーグ3位の打率.326をマークしたが、今季は試合前まで65試合出場、打率.258にとどまっていた。近藤は先制打について「ランナー二塁で打たせてくれたので、右方向を意識して打ちました。(外角)低めでしたけど、打球が上がってくれたので結果オーライ。最低限の仕事は出来たと思います」と振り返った。

 シーズン終盤の大切な時期に、近藤のバットが調子を上げてきた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月10日(土)15時41分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]