ここから本文です

優勝へ待ったなし!? 鈴木の2打席連続アーチで広島が加点、リードは3点に

Full-Count 9/10(土) 19:46配信

25年ぶりリーグVへ向けてマジック1

 広島の鈴木誠也外野手が10日、巨人戦(東京ドーム)で5回に2打席連続となる26号2ランを放ち、リードを3点に広げた。

 4回に同点の25号ソロを放った鈴木の勢いは止まらない。5回1死一塁。マイコラスから滞空時間の長い放物線を描いた。またも左翼席に飛び込む2ラン。5-2となり、真っ赤に染まるレフトスタンドは大きく揺れた。

 広島打線はマイコラスに5回まで144球を投げさせ、3本塁打を浴びせた。マジック1で臨んだ一戦。25年ぶりの優勝に向けて勢いが止まらなくなってきた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9/10(土) 19:46

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。